一般建設業許可専門のMetis Partners 坂本一紘行政書士事務所で申請代行

坂本一紘行政書士事務所

06-6809-1766
無料相談・お問い合わせ
平日:10:00~19:00 (土日祝休)

お客様の声

一般建設業許可の有効期間は?

一般建設業許可の有効期間は?

 

記事画像

みなさん、こんにちは、『一般建設業許可専門のMetis Partners』サイトをご覧いただきありがとうございます。

 

今回のテーマは「一般建設業許可の有効期間は?」についてです。

 

建設業許可は取得して終わりではなく、維持するためには5年ごとの更新手続きが必要となります。

 
更新手続きを行うには、毎年の決算届の提出や、会社情報に変更があれば、変更届も提出しなくてはなりません。

 
しかしながら、お客様の中には建設業許可を取得してから、更新手続きを行わずに放置してしまっている方も大勢いらっしゃいます。

 
更新案内のハガキが届いてから、慌てて更新の方法についてお調べになる方もいらっしゃるでしょう。

 
冒頭で、建設業許可の有効期間は5年とお話ししましたが、厳密には許可取得日から5年後の取得日の前日までとなります。
例えば、平成23年4月1日が許可取得日だとすると、5年後の平成28年3月31日までが有効期間となります。
有効期間の最終日が休日などで行政期間が休みであっても、有効期間が延長されることはありません。

 
また、更新申請は有効期間の最終日から、30日以内の申請が必要とされています。
ですが、もしうっかり30日前を過ぎてしまったとしても、更新の申請は可能です。

 
ただ、万一有効期間を1日でも過ぎてしまった場合には、申請を受け付けてもらえません。地域によっては30日前を過ぎた時点で追加書類の提出を求められる場合もあるので、余程の理由がなければ、30日前に申請するようにしましょう。

 

一般建設業許可専門のMetis Partnersでは、一般建設業許可に関して豊富な実績があり、様々なシチュエーションに対応が可能です。
ご興味あるときにはお気軽にご相談ください、どうぞよろしくお願いします。

 
坂本一紘行政書士事務所では、司法制度と皆様との架け橋として、また身近な法律家として日々尽力しております。
共に苦労をねぎらい共に歩むことができる地に足のついた法律家でありたいと願っております。
些細な事でも是非ご相談下さい。何らかの形で必ずお力になります。

 

坂本一紘行政書士事務所では、司法制度と皆様との架け橋として、また身近な法律家として日々尽力しております。
共に苦労をねぎらい共に歩むことができる地に足のついた法律家でありたいと願っております。
些細な事でも是非ご相談下さい。何らかの形で必ずお力になります。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。