一般建設業許可専門のMetis Partners 坂本一紘行政書士事務所で申請代行

坂本一紘行政書士事務所

06-6809-1766
無料相談・お問い合わせ
平日:10:00~19:00 (土日祝休)

お客様の声

建設業許可新規申請プラン

一般建設業許可の有効期間は?

一般建設業許可の有効期間は?

 

記事画像

みなさん、こんにちは、『一般建設業許可専門のMetis Partners』サイトをご覧いただきありがとうございます。

 

今回のテーマは「一般建設業許可の有効期間は?」についてです。

 

建設業許可は取得して終わりではなく、維持するためには5年ごとの更新手続きが必要となります。

 
更新手続きを行うには、毎年の決算届の提出や、会社情報に変更があれば、変更届も提出しなくてはなりません。

 
しかしながら、お客様の中には建設業許可を取得してから、更新手続きを行わずに放置してしまっている方も大勢いらっしゃいます。

 
更新案内のハガキが届いてから、慌てて更新の方法についてお調べになる方もいらっしゃるでしょう。

 
冒頭で、建設業許可の有効期間は5年とお話ししましたが、厳密には許可取得日から5年後の取得日の前日までとなります。
例えば、平成23年4月1日が許可取得日だとすると、5年後の平成28年3月31日までが有効期間となります。
有効期間の最終日が休日などで行政期間が休みであっても、有効期間が延長されることはありません。

 
また、更新申請は有効期間の最終日から、30日以内の申請が必要とされています。
ですが、もしうっかり30日前を過ぎてしまったとしても、更新の申請は可能です。

 
ただ、万一有効期間を1日でも過ぎてしまった場合には、申請を受け付けてもらえません。地域によっては30日前を過ぎた時点で追加書類の提出を求められる場合もあるので、余程の理由がなければ、30日前に申請するようにしましょう。

 

一般建設業許可専門のMetis Partnersでは、一般建設業許可に関して豊富な実績があり、様々なシチュエーションに対応が可能です。
ご興味あるときにはお気軽にご相談ください、どうぞよろしくお願いします。

 
坂本一紘行政書士事務所では、司法制度と皆様との架け橋として、また身近な法律家として日々尽力しております。
共に苦労をねぎらい共に歩むことができる地に足のついた法律家でありたいと願っております。
些細な事でも是非ご相談下さい。何らかの形で必ずお力になります。

 

坂本一紘行政書士事務所では、司法制度と皆様との架け橋として、また身近な法律家として日々尽力しております。
共に苦労をねぎらい共に歩むことができる地に足のついた法律家でありたいと願っております。
些細な事でも是非ご相談下さい。何らかの形で必ずお力になります。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

経営事項審査申請について

経営事項審査申請について

 

記事画像

みなさん、こんにちは、『一般建設業許可専門のMetis Partners』サイトをご覧いただきありがとうございます。

 

今回のテーマは「経営事項審査申請」についてです。

 

経営事項審査申請は、公共事業を発注者から直接請負う場合に、必ず受けなければならない審査の事です。
「経営規模等評価結果通知書」「総合評定値通知書」の両方、あるいはいずれか一方の発行を請求することなのです。
 
経営事項審査申請では、申請した業種ごとに、総合評価点(P点と呼びます)を算出します。
 
算出する計算式は次の通りです。
 
P= 0.25X1+0.15X2+0.2Y+0.25Z+0.15W
 
X1=完成工事高
X2=自己資本額・利払前税引前焼却前利益
Y=経営状況
Z=技術職員数・元請完成工事高
W=その他の審査項目(社会性等)
 
P点は公共事業を受注する場合に重要な、「格付け」の設定に用いられており、公共事業の工事はその規模、予算に合わせて格付けがされ、公共事業の入札に参加する業者も同様の格付けがされています。
 
自社の格付け以上の格付けがされている公共事業には、残念ながら入札することができません。
 
大きな規模の事業を受注するためには、自社がその事業と同等以上の格付けが必要であり、かつ、格付けをあげるためには、施工実績、財務状況、技術者数など、企業の総合的な価値を高めていくことが必要になります。
地方公共団体の場合は、P点と、当該の事業に関する最高完成工事実績を総合的に判断して、格付けがなされる場合が多いようです。
そして、中央官庁ではP点のみで企業の格付けを行うことが多いので、総合評価点はより重要であるといえます。
 
経営事項審査申請は、国土交通省に登録した「登録経営状況分析機関」に対して行うものです。
審査日までに「経営状況分析」を終えることを忘れないようにしてください。
審査に必要な申請手数料は、審査を受ける業種数と、申請する項目によって変化し、また、審査の有効期限は審査を受けた営業年度終了日から1年7ヶ月となりますのでご注意ください。
一般建設業許可専門のMetis Partnersでは、一般建設業許可に関して豊富な実績があり、 様々なシチュエーションに対応が可能です。

 

坂本一紘行政書士事務所では、司法制度と皆様との架け橋として、また身近な法律家として日々尽力しております。
共に苦労をねぎらい共に歩むことができる地に足のついた法律家でありたいと願っております。
些細な事でも是非ご相談下さい。何らかの形で必ずお力になります。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

消防施設工事業 大阪府 奥山エネルギー株式会社 様

許可取得の際にはお世話になりました。個人から法人化でしたたが元請先との付き合いもあり、至急の依頼でしたが最短で申請してもらいありがとうございました。

建具工事業 大阪府 株式会社ツカサ 様

許可取得の際にはわかりやすく色々なご説明してもらいまして、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

電気通信工事業 大阪府 株式会社TECHNICS 様

建設業許可申請の際には色々とご面倒をおかけしましてありがとうございました。

助成金も利用させていただけるとのことですので、また相談させてください。

内装仕上工事 大阪府 南里建築工房 様

その節は大変お世話になりました。南里事務所です。

建設業許可申請をお願いできる先生をネットで検索していると坂本事務所のHPが目につきました。いろんなプランがあって併せて助成金がもらえるなんで正直ホントかなぁと思っていましたが、本当に助成金ももらえて、ほぼ先生にお支払した費用がかからないようにご提案いただけて本当によかったです。

しゅんせつ工事業 大阪府 坂田工業株式会社 様

建設業許可を取得する際に自分では中々動けず、また現場仕事もこなしていたのでインターネットと電話のみのやりとりでしたが、無理を聞いていただき、なんとか許可を取得していただいて本当に助かりました。許可取得にあたって役員変更やその他の法的手続きもスムーズにこなして頂きありがとうございました。

舗装工事業 大阪府 美そう建設株式会社 様

ホームページも大変見やすく法律事務所的な難しいイメージというか、サービス業的な感じでお話しさせていただいてスムーズにお願いできました。丁寧な対応が印象的でした。

タイル・レンガ・ブロック工事業 大阪府 ガーデンプランニング様

お世話になります!!

建設業許可に伴って新入社員を雇用する予定があり、「助成金プランをお願いできそうだなぁ」と思い、ご相談しました。考えていたよりもコストがかからず、むしろお金が戻ってきてビックリしました。やはり「知らない事は罪だなぁ」と感心しました。我々の建設業界はまだまだ公的保険にしても理解が足りないですが、助成金を利用することにより加入にさほど抵抗がないのもうれしかったです。

管工事業 大阪府 白井田設備 様

はじめて建設業許可を取得するに際してご相談させていただきました。

まったくはじめての事でありましたので、許可をとれるか、かなり不安でしたが申請にあたっての状況を逐一、FAXでお知らせいただいておりましたのでこちらでも状況がわかったので安心して許可が下りるのを待っていました。許可取得後も何かあるたびにご相談させていただいていますが、事務所のどなたにお問い合わせしてもすぐに情報を調べていただけたりと頼りにしています。