一般建設業許可専門のMetis Partners 坂本一紘行政書士事務所で申請代行

坂本一紘行政書士事務所

06-6809-1766
無料相談・お問い合わせ
平日:10:00~19:00 (土日祝休)

お客様の声

建設業許可の費用のあれこれ

今回のテーマは建設業許可申請の費用についてです。

建設業許可申請を行う場合、行政書士に依頼するかどうかにかかわらず、申請手数料はかかりますのでご参考にしてください。

 

申請手数料について

申請の区分(申請の種類)ごとに手数料が必要となります。大阪府の場合ですと、申請手数料は、大阪府証紙により納付しなければなりません。誤って収入印紙等を貼り付けた場合は、還付できないのでご注意ください。

申請料はそれぞれ以下のようになります。

 

新規:9万円 / 業種追加:5万円 / 更新:5万円 等

 

行政書士にお願いする場合、上記に加え手続き報酬が発生するとお考えください。

また、この他にも登記簿謄本等、法務局や役所で取得する書類についても別途収入印紙代が必要となります。

 

財産的基礎等の要件

費用とは異なりますが、建設業許可の要件の中には「財産的基礎・金銭的信用」という要件があります。そもそも請負額が500万円を超える工事の場合に、建設業の許可が必要となります。この500万円というのがポイントです。「自己資本の額が500万円以上である=創業時における財務諸表(開始貸借対象表)」「500万円以上の資金を調達する能力を有する=金融機関が発行する500万円以上の預金残高証明書」といった書類を提出することで、この要件を満たすことができます。

 

時間という費用について

最後に、お金で買えない「時間」という費用についてのお話です。「時は金なり」という諺があるように、時間も重要なコストの一つです。建設業許可申請を一から理解する、更に書類の作成、加えて各都道府県庁等の役所での申請。全てに貴重な時間が費やされます。もし、その申請が受理されない場合、改めて書類の作成をしなければなりません。
 
本業に専念したい、取引先の都合で早急に建設業許可が必要等というお客様にとって、時間の節約という意味で、行政書士に依頼するメリットは非常に大きいと思われます。弊所は建設業許可を専門に扱っている行政書士事務所ですので、より迅速な対応をさせて頂きます。
 

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。