一般建設業許可専門のMetis Partners 坂本一紘行政書士事務所で申請代行

坂本一紘行政書士事務所

06-6809-1766
無料相談・お問い合わせ
平日:10:00~19:00 (土日祝休)

お客様の声

オプションプラン

解体工事業の追加に伴う経過措置期間終了について

本日のテーマは解体工事業の経過措置期間終了のお知らせです。

 

大阪府からのお知らせ

 解体工事に関して、平成28年6月1日の法施行により、「とび・土工工事業」から分離され、新たに「解体工事業」として新設されました。その新設に伴い経過措置が設けられていましたが、今年以降も引き続き解体工事業を行う場合、本年2019年5月31日までに解体工事業に係る許可を受ける必要があります。

 なお、経過措置期間内に解体工事業に係る許可申請をしたとび・土工工事業者については、経過措置期間の経過後、建設業許可の申請に対する許可又は不許可の処分があるまでの間は、解体工事業に係るの許可をうけなくても引き続き当該営業を営むことができます。 (大阪府HPより抜粋・改定)

 

  今まで通り解体工事業を行うならば、早めに解体工事業の業種追加を行うことを推奨します。 業種追加プランはこちらから

 

解体工事業の業種追加について

 解体工事業の業種追加に係る主な要件や書類、費用は以下の通りです。

経営業務管理責任者がいること(解体工事業について5年以上)

専任技術者がいること(解体工事業を対象とする資格の保持または実務経験)

経営管理責任者や専任技術者の身分証明書や登記されていないことの証明書

業種追加に掛かる申請手数料は5万円

 

 他にも細かい部分がありますが、一度新規申請を行っているため比較的容易に建設業許可の申請をすることができます。(新規申請の方はこちらから

 

 坂本一紘行政書士事務所では、司法制度と皆様との架け橋として、また身近な法律家として日々尽力しております。
 共に苦労をねぎらい共に歩むことができる地に足のついた法律家でありたいと願っております。 些細な事でも是非ご相談下さい。何らかの形で必ずお力になります。
 建設業許可の代理申請をご検討の方は一般建設業許可申請 選べるプランより費用とサービスの詳細をご覧ください。

 

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

助成金制度活用の勧め

一般建設業許可を取得や更新をする場合、登録免許税といった費用がどうしてもかかってしまいます。しかし、助成金を賢く利用することで建設業許可の費用を補うことができます。建設業許可申請そのもののコストは変わりませんが、会社全体のコスト削減をご検討の方は是非ご一読ください。

 

助成金制度のメリット

まず、多くの事業所は補助金・助成金制度を有効活用できていないようです。例えば、ある助成金制度ではアルバイトやパートの方を正社員に転換するだけで約60万円が支給されることをご存じでしょうか。この制度を活用するだけで、建設業許可の費用は簡単に賄えることがお分かりいただけると思います。

 

助成金制度は、人材投資といった雇用関係のものが多く、主に厚生労働省が管轄しています。また、助成金は、補助金に比べると申請期間が通年であったり形成式的な審査であったりと申請が行いやすいため、比較的容易に給付を受けることができます。ただし、原則的に事業を終え、支給申請を行った後に給付されるという後払いの形式ですので注意が必要です。

 

おすすめの助成金制度

お勧めの助成金制度を2つご紹介します。

 

1つ目は「キャリアアップ助成金の正社員化コース(平成31年1月現在の名称)」です。キャリアアップ助成金は非正規雇用の従業員の処遇改善を目的としており、その取り組みを行った企業へ助成をする制度です。現状、パートタイマーや契約社員等の非正規雇用の従業員を雇用している企業は多くあります。その中で建設業許可の取得を検討している方は、事業拡大に伴い優秀な人材確保の為に正社員へと転換する場合が特にあると思います。そういった場合に適用できる助成金ですので、建設業許可申請との相性も良いのです。

 

2つ目は、最近できた「両立支援等助成金の出生時両立支援コース(平成31年1月現在の名称)」です。この助成金は、男性労働者が育児休業や育児目的休暇を取得しやすい職場風土づくりに取り組み、男性労働者に育児休業や育児目的休暇を取得させた事業主へ助成をする制度です。背景に、日本の男性育児休暇取得率が約5%程度しかないことが挙げられます。建設業は男性の就労者が多いため、この助成金をうまく活用できる機会も多いと思いますので、ぜひご検討ください。

 

助成金申請の注意点

助成金の代理申請は行政書士ではなく、社会保険労務士の独占業務になります。しかし、弊所には助成金の手続きを得意とする社会保険労務士が在籍しております。お気軽にご相談ください。助成金申請プランはこちらから。

 

 坂本一紘行政書士事務所では、司法制度と皆様との架け橋として、また身近な法律家として日々尽力しております。
 共に苦労をねぎらい共に歩むことができる地に足のついた法律家でありたいと願っております。 些細な事でも是非ご相談下さい。何らかの形で必ずお力になります。
 建設業許可の代理申請をご検討の方は一般建設業許可申請 選べるプランより費用とサービスの詳細をご覧ください。

 

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

助成金を活用しましょう

助成金を活用しましょう

 

記事画像

みなさん、こんにちは、『一般建設業許可専門のMetis Partners』サイトをご覧いただきありがとうございます。

 

今回のテーマは「助成金」についてです。

 

助成金は知ってお得な制度です!
建設業許可申請をすると同時にこれらの助成金を利用すると、建設業許可申請費用の負担を軽減することができます。
 
その中の「企業内人材育成推進助成金」をご紹介します。
 
企業内人材育成推進助成金は、職業能力評価、キャリア・コンサルティング等の人材育成制度を導入・実施し、継続して人材育成に取り組む事業主等に対して助成する制度です。
この助成金は次の2つのコースに分けられます。
(1)人材育成制度を導入・実施する事業主に助成を行う「個別企業助成コース」
(2)人材育成制度を導入・実施する構成事業主を支援する事業主団体に助成を行う「事業主団体助成コース」
 
助成金を活用出来る事業主等については、さまざまな要件があります。詳しくは活用マニュアルをご覧下さい。
 
「個別企業助成コース」
●教育訓練・職業能力評価制度
制度導入助成額:50 万円 (25 万円 )
実施・育成助成額:5 万円 (2.5 万円 )
 
●キャリア・コンサルティング制度
制度導入助成額:30 万円 (15 万円 )
実施・育成助成額:5 万円 (2.5 万円 )、15 万円 (7.5 万円 )
 
●技能検定合格報奨金制度
制度導入助成額:20 万円 (10 万円 )
実施・育成助成額:5 万円 (2.5 万円 )
 
「事業主団体助成コース」
助成内容:
従業員に対し教育訓練や職業能力評価を行う構成事業主を支援する事業主団体について、構成事業主が3事業主以上、かつ従業員合計30名以上を対象に導入・実施された場合、支援に要した費用の一部を助成。
助成額:
支援に要した費用の2/3(上限額500万円)
 
このような助成金はどんどんご活用ください。
 
各種助成金については、こちら
 
一般建設業許可専門のMetis Partnersでは、一般建設業許可に関して豊富な実績があり、様々なシチュエーションに対応が可能です。
一般建設業許可の取得をお考えの方、お気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願いします。
 
坂本一紘行政書士事務所では、司法制度と皆様との架け橋として、また身近な法律家として日々尽力しております。
共に苦労をねぎらい共に歩むことができる地に足のついた法律家でありたいと願っております。
些細な事でも是非ご相談下さい。何らかの形で必ずお力になります。

 

坂本一紘行政書士事務所では、司法制度と皆様との架け橋として、また身近な法律家として日々尽力しております。
共に苦労をねぎらい共に歩むことができる地に足のついた法律家でありたいと願っております。
些細な事でも是非ご相談下さい。何らかの形で必ずお力になります。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

一般建設業許可を申請したい事業主様へ!キャリアアップ助成金と併用を!

一般建設業許可を申請したい事業主様へ!キャリアアップ助成金と併用を!

 

記事画像

みなさん、こんにちは、『一般建設業許可専門の Metis Partners』サイトをご覧いただきありがとうございます。

今回のテーマは「建設業許可を取得したい事業主様へ!キャリアアップ助成金と併用を!」についてです。

 

以前、申請代行させていただいた株式会社ユウシンリノベート様のお話です。

建設業許可を取得するために必要な要件がいくつかあるのですが、その要件をなんとかクリアするための要件を説明していると、事業主さんから「人の採用、アルバイトの採用」などの話を聞くことがあります。

一般建設業許可で必要な「経営業務の管理責任者」が客観的要件で必要として、その他の人材として新しい人を雇い入れて成長するということは素晴らしいことだなと感じます。

 

そういった時にふと会話の中で

「社長。人を雇用するのでしたら、キャリアアップ助成金なんか知ってます?」 という話をすると

「先生、なんですかそれ?全然聞いたこともあらへんで!」

というお言葉を・・・・。(実はホームページには掲載されているのですが)

 

キャリアップ助成金というのは非正規雇用の社員さんから正規雇用に変更などを行った時に出される助成金のことです。

例えばですが、有期雇用の社員さんを正規雇用の社員さんへの転換した場合は、1 人につき 50 万円の助成金が出ます。さらに、母子家庭の母等は 10 万円加算となります。

 

さらに、有期雇用の社員さんに教育訓練を受けさせることで月に約 10 万円(3 ヶ月から 6 ヶ月間)助成金もあります。

この教育訓練の 10 万円と正規雇用の 50 万円は併用が可能なので合計 60 万円の申請が可能です。

 

もちろん、要件がいくつかありますのでその要件を満たさない限りキャリアップ助成金はおりませんのでご了承ください。

 

>> キャリアップ助成金の紹介ページ
http://www.sakamoto-building.com/plan/subsidy.html

 

坂本一紘行政書士事務所では、司法制度と皆様との架け橋として、また身近な法律家として日々尽力しております。
共に苦労をねぎらい共に歩むことができる地に足のついた法律家でありたいと願っております。
些細な事でも是非ご相談下さい。何らかの形で必ずお力になります。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

清掃施設工事業 大阪府 株式会社 新田 様

前略、坂本一紘事務所様。お世話になります。
建設業許可を取得しなければならなくなり、行政書士の先生を探していた所、インターネットでホームページを拝見致しました。簡単に許可を考えていたので実際お会いして話を聞いてみると複雑で、コスト的にも社会保険の加入など当初の費用よりも高額になりましたが、その分、助成金のご提案をもらえて長期的にみるとコストの半額が返ってくることになり、エコカー補助金よりも断然よかったです。今後ともよろしくおつきあいください。

水道施設工事業 兵庫県 有限会社ジェネシス 様

HPでご依頼させていただきました。ご相談にお伺いする前は建設業関係の手続をお願いするつもりでしたが、助成金が活用できるとあって非常に幸いでした。

また依頼させていただきます。よろしくお願いします。

さく井工事業 奈良県 KANAI設備工業株式会社 様

通常、当社では事務職員に建設業の手続きをお願いしていましたが、退職してしまいどうしようか悩んでいた所、おもいきってアウトソーシングすることにしました。業種追加も必要になっていたのでその点もコンサルティングしていただき、心配なく許可を取得できて満足しています。

機械器具設置工事業 大阪府 金田設備工業株式会社様

たまたま建設業の更新について調べていて坂本先生のホームページを拝見しました。

建設業の許可が主流の内容でしたが助成金の内容にも興味があり、申し訳ないなぁと思いながらご相談させていただきました。利用できる助成金があり、活用することができて助かりました。今後ともよろしくお願いします。

内装仕上工事 大阪府 南里建築工房 様

その節は大変お世話になりました。南里事務所です。

建設業許可申請をお願いできる先生をネットで検索していると坂本事務所のHPが目につきました。いろんなプランがあって併せて助成金がもらえるなんで正直ホントかなぁと思っていましたが、本当に助成金ももらえて、ほぼ先生にお支払した費用がかからないようにご提案いただけて本当によかったです。

防水工事業 奈良県 二条工務店 様

坂本先生、お世話になります。当時、当社の方では社会保険にまで加入しておりませんでしたが、決算変更届と同時期に法律の改正もあってお願いしました。親身なご対応をいただき感謝しております。ありがとうございました。